社長のブログ

  • 採用情報
  • 施工実績
  • 選ばれる理由
  • 日本空調メンテンスについて
  • 社長のブログ
QRコード

空調設備のプーリーは定期交換が必要です! 役割と摩耗時のトラブルを解説

 

皆さんこんにちは。

板橋区を拠点に空調機のメンテナンスやクリーニング、配管やダクトの施工など空調全般の工事を手掛けている日本空調メンテナンスです。

 

空調はいろいろな部品・装置を組み合わせて作られており、何か1つが劣化・損耗するだけでも機能が低下してしまいます。中でも特に摩耗しやすく、それでいて見逃されがちな部品が「プーリー」です。空調の機能を維持するためにも、プーリーは適切に点検・交換しなければなりません。ここではプーリーの役割や、摩耗した場合に発生するトラブルをご紹介します。

 

 

 

■プーリーとは?

 

 

プーリーとは、ベルトからの動力を伝えるために使われる円盤状の部品で、いわゆる「滑車」のことです。設けられた溝にベルトをかけ、高速回転することで動力を伝達します。多くの機械に使われる部品で、形状・材質・細かな役割などはさまざまですが、動力伝達が主な役割という点に違いはありません。

 

そして空調設備においても、コンプレッサーや給排気ファンなどの動力伝達のためにプーリーが活躍します。主に使われるのはV字型の溝を持つ「Vプーリー」で、ベルトも断面が台形の「Vベルト」が使用されます。プーリーは空調機能の中枢に関わる、必要不可欠な部品といえるでしょう。

 

しかし同時に、プーリーはとても損耗しやすい部品でもあります。空調の稼働中は常に高速で回転しているため、ベルトとの摩擦によって溝が摩耗していくからです。プーリーの摩耗の影響については、次の項目で詳しく見ていきましょう。

 

 

 

■プーリーが摩耗するとどうなる?

 

プーリーが摩耗しても、外見上はそこまで大きな変化は起きないかもしれません。しかし実際には、1mmにも満たない摩耗がさまざまなトラブルにつながってしまうのです。プーリーの摩耗がもたらす主なトラブルを見ていきましょう。

 

 

・伝動効率の低下

 

摩耗によるトラブルでも特に影響が大きいのが、伝動効率の低下です。通常、ベルトはプーリーにしっかり接触しているので、高速で回転していても滑ることはなく、効率的に動力を伝えてくれます。特にVプーリー・Vベルトは、接触面積が大きいので摩擦力も高く、ベルトの食い込みもしっかりしているため伝動効率がいいのが特徴です。

 

しかし、溝摩耗が起こるとベルトが滑りやすくなり、伝動効率が低下します。つまり、空調の機能も低下してしまうのです。結果として施設内を適温に保ちにくくなったり、電気代が高くなったりする可能性があります。

 

 

・ベルト寿命の低下

 

プーリーが摩耗すると、その影響でベルトの摩耗も早まり、ベルトが切れやすくなる場合があります。これは、ベルトが沈み込むことで底面に接触して余計な摩擦がかかったり、その影響で発生する摩擦熱によってダメージを受けたりするためです(ベルトはゴム製のため熱に弱い)。ベルトの交換頻度が高くなったらプーリーの摩耗を疑いましょう。

 

 

・騒音や振動の発生

 

プーリーが摩耗していると、ベルトがスリップすることにより騒音が発生したり、ベルト張力のバラつきによって振動が発生したりするおそれがあります。これは施設内の環境を悪化させ、さらなるトラブルや空調の不具合を招くこともあるので、早めの対応が大切です。

 

 

 

■トラブルが起こる前にプーリーの交換を!

 

 

プーリーの摩耗によるトラブルを防ぐためには、定期的にプーリーを交換する必要があります。日本産業機械工業会の空調用送風機のガイドラインでは、プーリーの交換時期の目安を5年に1回としています。最低でもこのスパンでプーリーを交換するよう、メンテナンス計画を立てておくといいでしょう。

 

もちろん、何らかのトラブルが発生したり定期点検で不具合が見つかったりした場合は、もっと早くプーリーを交換しなければならない可能性もあります。トラブルが起こると生産性にも大きく影響が出てくるので、未然に防ぐことが最も重要です。信頼できる業者に相談して、しっかりとプーリーのメンテナンスを行いましょう。

 

 

東京都板橋区に拠点を置く日本空調メンテナンスは、空調設備のメンテナンスや修繕を請け負っております。機械部分だけでなく、空気をつなぐ配管やダクトの工事、メンテナンスも一括で自社施工できるのが強みです。

 

プーリーの点検や交換の実績も豊富で、緊急のトラブルや故障にも対応しているため、安心して工事をお任せいただけます。空調設備に関するお困り事や疑問がある時は、お気軽にお問い合わせください。

 

 

日本空調メンテナンスのブリー交換事例>>>
https://www.n-k-m.co.jp/gallery_posttype/2428/****************************************************
空調機のメンテナンス・保守・清掃・整備・修理なら日本空調メンテナンス株式会社にお任せください!
新規ご契約のお客様はご請求金額から20%OFFさせていただきます!
※『ホームページを見た』とお伝えください。現場調査とお見積りは無料です。機器分解や作業が発生する場合は有料となる場合があります。
お気軽に電話かメールでお問い合わせください。
機器の写真画像や図面等をご用意していただけると見積提出がスムーズに進みます。
住所:〒173-0037 東京都板橋区小茂根3-7-8
電話お問い合わせ:03-5926-9780 平日(月曜日~金曜日)9:00~17:00 (担当者:笹木)
メールお問い合わせ:お問い合わせフォーム【業務内容】
空調機メンテナンス
・ベアリング(軸受)交換・ファン・シャフト交換・プーリー交換・ベルト交換・キャンバス交換・保温材交換
・空調機塗装・ドレンパン塗装・空調機洗浄・ファン洗浄・ドレンパン洗浄・モーター交換・ダンパー整備
・加湿装置整備・エアコン洗浄・室外機洗浄・金網清掃・給排気口清掃・冷却塔清掃
給排気ファンメンテナンス
・給排気ファン洗浄・厨房排気ファン清掃・ベアリング(軸受)交換・ファン・シャフト交換・プーリー交換
・ベルト交換・キャンバス交換・モーター交換・ラインファン更新工事・厨房排気設備清掃
配管メンテナンス
・蒸気配管交換・冷温水配管交換・ドレン配管交換・ドレンホッパー交換
・バルブ交換・配管保温材交換・ウォーターベスト弁交換
ダクトメンテナンス
・空調ダクト清掃・厨房ダクト清掃
フィルターメンテナンス
・フィルター清掃・フィルター洗浄・フィルターろ材交換・中性能フィルター交換
ホームページはこちら⇒ http://n-k-m.co.jp/
施工実績はこちら⇒https://www.n-k-m.co.jp/gallery/<日本空調メンテナンスでは求人募集中です>
リクルートサイトはこちら⇒https://nkm-recruit.jp/
ご応募お待ちしております!

メールでのお問い合わせ